2009年05月31日

速報(WBCウェルター級タイトルマッチ)

WBCウェルター級王者ベルトに元IBFスーパーライト級王者ウランゴが挑んだ一戦。


1R ウランゴ絶えず頭の位置を変え、折を見て重い飛び込みながら一発を狙う。
ベルトはは対称的に足を使い、ジャブ主体に打ちながら距離をとる。
共に有効打なくジャブの手数で10-9ベルト。

2R基本的な形はかわらずファイター型ウランゴにボクサー型ベルト。
ベルトはショートレンジだとクリンチにいく打ち合いに応じない。
ここまでどちらも有効打らしい有効打はない。なんとなく10-9ベルト?

3R展開は変わらず…ただベルドも少し積極的になってきたか?
打ち合いの流れの中でウランゴがスリップダウン。
僅差ではあるが10-9ベルト
ラウンド終了時に納得いかないのか首をかしげるウランゴ。

4Rベルトが少しずつ右ストレートも混ぜ始める。
常に強打を狙うウランゴをいなしながら隙を狙う展開が続く。
10-9ベルト

5Rベルトはなんだかんだで常に自分の戦いたい距離でペチペチ。
たまに大きいのは混ぜて狙う。
ウランゴは何があってもスタイルを変えないのかブンブンでかいのを狙ってく。
10-9ベルト

6Rウランゴのスタイルに少し変化が見られる。
遠い距離ではジャブを打ち狙えそうになると大降りのフック。
距離がつまればウランゴのパンチも多彩だ。
ベルトよけてはいるものの決して余裕はない。
10-9ウランゴ

7R…展開変わらず追うウランゴ、避けるベルド。
紙一重の攻防ではあるもののなんだかんだで当てているのはベルトか?
ちなみに放送席の採点はここまで70-63でベルト
10-9ベルト

お互いのパンチがどこにあたっているのかをCGを用いて説明。
これ新しいわw

8Rウランゴはクリンチされようがどうしようがエンドレスに打つ。
ベルドはジャブで距離をとり、入ってくるところには右をあわせる。
距離が詰まればクリンチあるのみ。
10-9ウランゴ

9Rウランゴがますます圧力を強める。
軽くではあるがウランゴのパンチもあたる。
一発まともに入ればの期待感はある。
10-9ウランゴ
放送席の採点ではここまで90-81
ボクサータイプ好きすぎだろ(´・ω・`)
10Rベルトの弱パンチ→クリンチのコンボが続く。
10-9ベルト

11R軽くても確実にペチペチをベルト当てるベルト。
ポイントでは10-9ベルトか?

最終ラウンド…ベルトも少し攻勢強めたか?
と思ったらまたクリンチかよ。
ウランゴは最後まで攻めの姿勢を貫き通した。
ボクシングでは負けたかもしれないが男らしかったのはお前だ。
採点は10-9ウランゴ

試合を通して手数のウランゴ、的中率とヒット数のベルトって感じかな?
ジャブ大好きなあっちの採点だと普通にベルトって事なんだろうな。

さあ、採点結果
117-111
118-110
118-110
ユナニマスで勝者ベルト防衛成功

まあ、自分も117-111だったけどこの採点なんだかなーって感じでした。
こんな塩分高めな試合しといてコット、パッキャオやらモズリーやらの名前が
アナから出てたがぶっちゃけイラネw
もうちょっと熱い試合してからビックマッチに行ってくれ。


んーとりあえず感想・・・
まあ、自分は実況や採点とか向かないなーと思った一戦でした。
タグ:外国人
posted by 放浪者 at 13:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀田3男(結果) 元王者福原再起 マブサの挑戦者決定戦(結果) その他

5/30 6回戦
亀田和毅(4RTKO)雲林龍広
  亀田その3が初の日本人を相手にワンサイドKO勝ち。
  まあ、本来ここで書くまでの試合でもないとは思いますが
  興味がある人も少なからずいるとは思いますので
  結果だけあげておきました。
  ビックマウスと言い、露骨なマスコミの擁護といい
  どこか長男の売り込み時代のようなキャラの三男。
  果たして口ほどに実力があるのかどうか?
  できれば日本ランカークラスになった時に日本人との対戦が
  見たいところではあります。
  ただ現在の地位で雲の上の存在の長谷川口撃とかいらっとします。
  うん、とりあえず黙れw

高山和徳(3-0)関本純太
 何故か上の6回戦にメインを奪われている10回戦
 高山は順位が上位なので難しいかもしれないけれども
 復帰した福原とリマッチして欲しいところ。
 まあ、福原サイドにしか利点がないので難しいかw
 

5/29 後楽園ホール
Sフェザー級8回戦
福原力也(2RKO)小林生人
 元Sバンタム級王者の福原が元フェザー級1位の小林をKOし
 復活をアピール。
 2007年12月に高山(最強後楽園で梅津に僅差敗退)にKO負けして以来
 の復活を派手にKOで決めた福原。
 再度日本タイトル戦線に絡んでくる事ができるのか?
 今後に注目したいところ。



5/29 IBFバンタム級挑戦者決定戦
サイレンス・マブサ×ヨニー・ペレス
 マブサの地元南アフリカで行われた挑戦者決定戦。
 試合は非常に激闘だったようでマブサ有利な状況で
 迎えた最終12Rに右で顎を打ち抜きマブサを気絶させた
 ペレスがドラマチックな逆転KO勝ち。
 アグベコ×ダルチニアンの勝者への指名挑戦権を獲得。
 勝者ペレスは19勝(14KO)無敗、マルケス以外の相手に
 初めて負けたマブサは22勝(18KO)3敗となった。


5/29 オーストラリア
IBFアジアパシフィックSミドル級タイトル決定戦
シャナン・テイラー(1RKO)キテチャイ・シンワンチャー
 予想通りのミスマッチ、今更こんな試合して意味があるのか?
 という訳で元世界挑戦者テイラーが下から上げてきた
 タイのキティチャイに完勝。

フィンランド
EBU-EUスーパーライト級タイトルマッチ
ジュセッペ・ラウリィ(10R負傷)Juho Tolppola
 ウィッターやハットンと言った強豪とも対戦経験をもつベテランの
 ラウリがTolppolaに勝利しタイトル防衛

デニス・シャキコフ(1RTKO)John Cotterill Jnr
 デニスはこの勝利で20勝11KO無敗となっています。
 ちなみにこの選手元ライト級世界王者のラウル・バルビにも
 勝っていてこのまま順調に伸びていけば世界挑戦も有り得るかと?




シェーン・モズリー
 モズリーもパックマン争奪戦に名乗りをあげた。
 ”147ポンドでパキャオとの戦う準備ができている”との事


フロイド・メイウェザー
 7月にファン・マヌエル・マルケスとの試合で復帰するフロイド・メイウェザーが
 パックマンを挑発するようなコメント。
 ”パッキャオを別にベストじゃない”
 パックとやりたいんですね、わかります。
 なんだかんだ言って意識しまくりじゃないかw


posted by 放浪者 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

外国人の見たミニマム級歴代20傑

boxingnewsのにミニマム級のトップ20と題して
下のようなランキングが載ってました。
ポイント制のようですが個人的な感想としては・・・出来が悪すぎる
多分アジアの選手なんか試合ほとんど見ないで
戦跡とかだけで決めたんでしょうね。
ちなみに現役の選手でまだミニマムの選手は考慮されてないみたいです。
(ロマゴンやら高山やらがいないから)


一応原文ソース
http://www.boxingscene.com/?m=show&id=20151


20 井岡弘樹(WBC)
19 ナパ・キャットワンチャイ(WBC)
18 イサック・ブストス(WBC)
17 ミゲール・バレラ(IBF)
16 ケルミン・グアルディア(WBO)
15 レオ・ガメス(WBA)
14 新井田豊(WBA)
13 ダニエル・レイジェス
12 チェ・ヒヨン(WBA)
11 ノエル・アランブレット(WBA)
10 大橋秀行(WBC/WBA)
9  イーグル京和(WBC)
8  ロセンド・アルバレス(WBA)
7 ファーラン・サッケリン(IBF)
6 ラタナポン・ソーワラピン(IBF)
5 チャナ・ポーパオイン(WBA)
4 ホセ・アギーレ(WBC)
3 ゾラニ・ペテロ(IBF)
2 イバン・カルデロン(WBO)
1 リカルド・ロペス(WBC)


このランキングを見たときの自分の反応w
( ゚д゚) ・・・ 
  
(つд⊂)ゴシゴシ 
  
(;゚д゚) ・・・ 
  
(つд⊂)ゴシゴシゴシ 
  _, ._ 
(;゚ Д゚) …!? 

まあ、なんと言いますかお前見てないだろ感ありありだな。
一番の突込みどころが18位にランクインしてる棚ボタ王者なんだがw
つかブストスが入るなら星野は間違いなくランクイン対象だな。
20位 井岡さんはブストスさん以下ですかw
16位 ランクインする程か?
14位 新井田さんの評価の低さに泣いた
13位 一人に連勝しただけじゃん
11位 アランブレットの順位高すぎ
8位、アルバレスの評価低すぎだろ
7位、当時のIBFのランカーのレベル相当低かったぞ。
4位、アギーレの評価無駄に高すぎ、メキシコ贔屓っすか?
3位、なんでペテロが3位なんだー、
2位、カルデロンも相当相手微妙だぞ。
1位、個人的にもこれは妥当


全体としては、中米偏重( ゚∀゚)

posted by 放浪者 at 12:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。