2009年08月23日

今日の試合レポートその2

8/22メキシコ
IBFミニマム級タイトルマッチ
ラウル・ガルシア(1-1)サミー・グチェレス
 ファン・ディアスの興行見てたんでこの試合は7Rから
 落ち着いて観戦開始
 
 序盤はガルシアのパワーが良い感じだったが
 挑戦者のタフネスが正直想像以上だった。

 打たれても即打ち返すそのタフネスで
 予想外の展開へ・・・
 
 ガルシアは結構苦戦してますよ、これは
 
 ガルシアもいいパンチ当てても、
 とまらず即返ってくるんじゃたまったもんじゃないだろうね。

 9Rまでくると明らかにガルシアが鈍ってきている。
 逆にグチェレスはもう完全に調子にのっているみたい。
 グチェレスのボディも非常に効果的だ。
 終盤は挑戦者の独壇場だった。
  
 10R
 グチェレスのパンチ一発一発で
 ガルシアの動きが止まる。
 どうも完全に効いているみたい。
 これもしかするともしかするかも?


 11R
 ガルシアは上も下も完全に効いてしまっていて
 動きがいちいち鈍る

 12R
 グチェレスは最後まで勇気を持って打ち込んでいき
 ガルシアは最後凌ぐので精一杯になっていました。。。

 
さあ、採点

 117−115グティレス
 116−112ガルシア
 114-114
 

と言う訳でメキシカン対決は三者三様でドロー
ただ、今までグチェレスはある意味無名な存在でしたが
この試合で一気に名前をあげたんではないでしょうか?

他団体王者とやらせても非常に面白い存在だと思います。



WBC暫定Sフェザー級タイトルマッチ
セルゲイ・グルヤケビッチ(2-0)ウンベルト・グチェレス
 地元メキシコのグチェレスがマジョリティでの判定で勝利。
 グチェレスはうれしいタイトル初獲得。
 日本人にとっては呼びやすい相手ができたのでは
 ないかと思います。


ホセ・ルイス・カスティーリョ(3RTKO)クリスティン・ソラーノ
 元王者カスティーリョが復帰戦をきっちりと勝利
 これからまたタイトルに絡んでこれるのかな?



posted by 放浪者 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速報レポート ディアス×マリナリッジ ゲレロ×クラッセン 他

今日の試合の速報です

8/22アメリカ
ファン・ディアス×ポール・マリナリッジの興行です。

まずは前座から
WBO北米ミドル級タイトル
ダニエル・ジェーコブス(3-0)イシェー・スミス

長身痩躯で距離が長い無敗のジェーコブス。
逆に距離を潰していきたい短身のスミス。
ジェーコブスがジャブで距離をとり
スミスが中に入っていく展開。
試合はジェーコブスが3〜11ポイントとばらつきは
あったもののユナニマスで勝利しています。


んでもってセミファイナル
WBOフェザー級タイトルマッチ
マルコム・クラッセン×ロバート・ゲレロ
 ゲレロは序盤から積極的に手を出していく。
 ジャブ、ワンツーを中心にパンチがよく入る。
 クラッセンが反撃に出ても射程圏外にすっと離れて
 打ち合いには付き合わず、やりたいようにやってる感じ。
 クラッセンもパンチの威力は感じさせるが
 如何せん打たれてる時間が長く印象がよくない。
 と思ったがクラッセンの良いパンチも入ってゲレロ一瞬よろめく。
 クラッセンもエンジンかかってきたかな?
 その展開のまま2Rまで終了。
  
 3R
 クラッセンが前にでてゲレロをロープ際に詰めるシーンが
 少し目立ってきたような気がする。
 ゲレロはアウトボクシングへシフトした感じかな?

 4R
 今度はゲレロがスタートから積極的に攻めていく。
 ボディ打ちが増えているがこれが結構効果的。
 このラウンドはゲレロの方が印象よかったかな?

 5R
 クラッセンが前のラウンドのお返しとばかりにガンガン出てく。
 パンチ自体はそれほどあたってないが
 印象的にはクラッセンがとったかな?

 6R
 ゲレロのジャブがよく出る。
 クラッセンが前に出れくると今度は左が出てくるし
 クラッセンはやりにくい感じか?
 ランド終盤にはクラッセンがマウスピースを落とす。
 これはダメージか疲労の影響か?
 いずれにせよ、このラウンドはゲレロかな?

 7R
 今度はクラッセンのパンチが入り、ゲレロ防戦一方に・・・
 と思えば今度はゲレロのパンチも入るし・・・
 どっちかが一方的にペースを奪うにはいたらないなー
 んー、ちょいクラッセン?
 ラウンドインターバルで気づいたけどゲレロ左目尻から出血
 これはバッティングによるものくさい

 8R
 ゲレロの攻勢が目立ったかな?
 ここはゲレロに振りたい。

 9R
 攻防がころころ入れ替わる。
 クラッセンの攻勢をとりたいところ

 10R
 クラッセンもポイントに確証がないのか
 積極的にポイントとりにきたのかな?
 多少のジャブはもらいながらも強引に距離を潰していく。
 ゲレロも返しはするものの全体的な印象としてはクラッセン。

 11R
 ゲレロは疲れたのか自分からクリンチに行く事が
 増えたような気がする。
 それとも思うように距離がとれなくなったからかな?
 ただ、このラウンドはなんだかんだでゲレロの攻勢が
 非常に目に付いた。
 ポイントもゲレロがとったかな?

 12R
 さあ、あっと言う間に最終ラウンド
 なんだかんだで両者非常に手を出してるんだが
 山場らしい山場はここまでないようなw
 このラウンドもクラッセン前進、ゲレロ距離をとって
 詰まりそうならカウンターで止める。
 こんな展開が続く。
 お、クラッセン倒れた、と思ったがここはスリップか・・・
 まあ、ゲレロでもいいかな、このラウンドは・・・

 そして試合終了。
  終了するなりコーナーに上って勝利アピールするゲレロ
 クラッセンはちょっと元気ないかな?

 んで採点
 117−111
 116−113
 116−112
 勝者!新王者ゲレロー
 (なんだかんだで自分もゲレロに振ってたラウンド多いしそんなもんか)
 
 ちなみに、ゲレロはこれで2階級制覇!
 ゴーストの名前どおり相手に触れさせないような
 試合をする選手だなと思いました。  
 


8/22ハンガリー
WBO暫定ライトヘビー級タイトルマッチ
ヨルゲン・バーマー(11RTKO)アレクセイ・クジメスキー
 王者エルディの暫定王者の決定戦。
 ハンガリーでポーランド人とドイツ人が戦いドイツ人が勝利。
 バーマーは昨年の挑戦失敗に続く2度目の挑戦でタイトル獲得。

WBOスーパーミドル級タイトルマッチ
ロバート・スティグリッツ(11RTKO)カロリー・ベルゼイ
 王者は2度目の防衛ならず


んでメインイベント

ファン・ディアス×ポール・マリナリッジ

元王者同士の一戦
元ライト級統一王者のディアスはここ3戦で1勝2敗
1勝もスプリットとピリッとしない。
もう後がない!
それだけに入場から気合が入ってました。
マリナリッジはなんつーかポーカーフェイス。
気合が入ってんだか入ってないんだかw

1R
距離を取ろうとするマリナリッジ
ガードを固めて潜り込んでいくディアス
マリナリッジは左ガードを完全に下げたヒットマンスタイル?
両者これはと言ったクリーンヒットはなく1R終了

2R
相変わらずガードの低いマリナリッジ
相当ディフェンスに自信があるのか?
当然ディアスは顔面狙い・・・
ただ、クリーンヒットは両者少ないまま。
まだ、様子見なのかな?
ただ、ラウンドインターバルの表情見る限りだと
マリナリッジも余裕がある訳じゃないみたいね

3R
逃げるマリナリッジ
追うディアス
たまに距離が詰まるんだが
そうするとクリンチに逃げるマリナリッジ
徹底的に打ち合いに応じる気はないみたいだ

4R〜
ストリーミングの問題で見れず

9R
基本的な展開変わらず
ただ見る限りだとマリナリッジのジャブとアッパーは
結構有効みたいでディアスは左目が塞がりかけてる

10R
展開はずっと一緒
なんだろう、ディアスのパンチがマリナリッジの顔面を
思いっきり捕らえない限りずっと変わらない気がする。
マリナリッジみたいなタイプはビックマッチに向かない
ような気がするわw

11R
ディアス追う、マリナリッジ逃げまくる
基本的にはマリナリッジはタッチボクシングが主って感じ
ヒット率が出てたがマリナリッジの方が上みたいだ


12R
やっぱり展開は一緒
なんだかとっても眠いよ・・・(;´・ω・)ゝ


さて、採点!
マリナリッジ陣営は勝利を確信してるみたい。
ディアス陣営は空元気な空気
さーて、採点
ちなみに放送席は115-113でマリナリッジ
116-112
115-113
118-110
...で、勝利はファン・ディアス!
Σ(・ω・`  )

んー、意外だ
追う姿勢が評価されたのかな?

まあ、いずれにせよディアス復活おめ!

にしてもマリナリッジは戦法自体は
ゲレロと変わらないはずなのに
ゲレロの方が面白かったのは何故だw


ハンガリーってあんまりボクシングの印象なかったんだけど
結構盛んなのね、ご近所のドイツほどではないにせよ(´・ω・`)
この興行出場選手の成績も結構いい選手多いし
ヨーロッパのなかではそれなりなのかな?

ただ、やっぱりどっちかと言えば重量級メインなんで
日本人にはあんまり絡んでこないんだろうね


posted by 放浪者 at 14:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。