2009年08月25日

それぞれの敗戦後 他ニュース等

8月1日に行われ、ティモシー・ブラッドリーが3RKO勝ちと
されて試合後にネート・キャンベルが憤慨していた試合ですが
無効試合になりました。
カットが打撃によるもの⇒バッティングによるもの
と判断が覆されたのが原因らしいです。
ま、ブラッドリーにしてみれば自分が押していただけに
KO勝ち⇒無効試合
じゃ納得いかないだろうねー

ソース

んで問題の試合の動画がこれ





昨日に引き続きディアス×マリナリッジの話題
試合の数日前にマリナリッジは負けるとしたら
ゴールデンボーイプロモーションの用意したテキサスの
ジャッジのせいだろう的な発言をして
ジャッジの構成に不満を言ってたそうでして
実際に観衆はマリナリッジの勝利支持して(ネットアンケート)
ジャッジは地元のディアスを支持。
まあ、こんな流れになってるんですが
118-110でディアスを支持したジャッジが釈明?のコメントを
出したようです。
実際結構異例ですよね、こういうのは。

ジャッジの側

んで
それに対してのマリナリッジのコメントw

マリナリッジ



それぞれの敗戦後


急遽挑戦決定し、敵地に出向き挑戦も
トラブルもあり惜しくも2度目の挑戦も実らなかった
ベテランの嶋田雄大は再起に向け練習を再開

嶋田



ラリオスとのリマッチで獲得したタイトルを
初防衛戦であっさりと失ってしまった粟生隆弘
こちらは兄貴分の長谷川穂積の元で練習再開

粟生



榎洋行
世界戦の敗戦からの再起ロード中に
日本ランカー李にまさかの敗戦を喫してしまった榎。
西岡、リナレスの前座で東洋王者の細野悟との対決へ



升田貴久
デンカオセン戦の話が出たりと世界戦間近の
雰囲気の中行われた調整試合で日本下位の
小林にまさかの敗戦を喫した枡田。
こちらはまさかまかさかの世界挑戦へw
今月28日に敵地タイで暫定王者のポンサクレックに挑戦予定


んで
矢代義光
日本タイトルマッチで三浦隆司に倒し倒されの末
タイトル陥落した矢代ですが
自分のブログで引退を発表しました。
たった一度の敗戦で引退は残念ですが
本人も思うところがあるんでしょう。
今後の人生に幸あれ

矢代


posted by 放浪者 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。