2009年02月19日

佐藤幸治

佐藤の世界戦が決まりそうだと言う
本当なら竹原慎二がウィリアム・ジョッピーにタイトルを奪われ、
そのタイトル(厳密にはちょっと違うが)に保住直孝が挑戦して以来の
日本人による世界ミドル級タイトルマッチである

くしくも同じWBAのタイトルマッチ
相手はデラホーヤが6階級制覇を達成した試合で闘った
フェリックス・シュトルムだそうです。
(個人的にはこの試合はデラの負けだと思ってます)

東洋では圧倒的な強さを誇る佐藤が
本物の世界王者相手にどこまで食い下がれるのか非常に気になるところです。

せめて、1試合ランカー相手にテストマッチをしてからでもと
思わなくもないですがチャンスの少ないこの階級
精一杯頑張って欲しいものです


ラベル:KO 日本人
posted by 放浪者 at 01:04| Comment(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。