2009年08月30日

(速報レポ)ビロリア防衛戦興行 その他結果

ビロリアの防衛戦の興行

まずは前座から
日本でも何度もリングに上がっているデニス・ローレンテ登場。
相手はエドウィン・バレロの王座に挑戦した事もある
ザイド・サバレタ(3RKO負け)。
バレロ戦以降4戦で2勝2敗とピリッとしないが
元世界ランカーのメキシカンはローレンテにとっても
決して楽な相手ではないだろう。
1Rからガンガン前に出て行こうとするサバレタに対し
ローレンテはリングをサークリングしながら
いきなりの左ストレートなどで対抗。
一発のパンチ力に関しては元々上の階級のローレンテが上らしく
サバレタもローレンテの攻勢が強くなると逆に押し込まれてしまう。
3Rにはラッシュでサバレタが守勢一辺倒になるシーンも見られた。
4Rもエンジンがかかってきたのかローレンテの攻勢の前に
サバレタを下がって打ち込まれるシーンが目立つ。
5Rローレンテはまたアウトボクシング主体に切り替えて
少し休憩か?サバレタは積極的に手を出すが空転気味。
6Rこのラウンドも効果的なのはローレンテの攻勢
7Rこのラウンドもローレンテの左がよくあたる。
8Rサバレタはポイントでは苦しいとみたのか必死の攻勢。
ただ、ペースを取り戻すには至らないか?
9Rこのままでも勝てると踏んだかローレンテはアウトボクシングを
しながらのカウンター狙い。
10Rこのラウンドもローレンテの左が効果的で
要所要所を押さえた印象で試合終了。

さあ、判定。
100−90
100−90
99−91
圧倒的な大差のユナニマスで
ローレンテが勝利を飾りました。

デニス・ローレンテ(3-0)ザイド・サバレタ


さあ、AJバナル登場。相手は中堅選手のホセ・ベランザ。
来日経験はありませんが名城×河野の正規王座決定戦よりも先に
謎の暫定戦を強行した選手として名前は結構知っているファンも
多いのではないかと思います。

1R
バナルが初っ端から積極的に攻めていく。
ベランザは変則的なタイミングでパンチを返していくが
いかんせんスピードに差があるように見える。
2R
バナルはキビキビしたいい動き。
パンチもなかなか威力がありそうだ。
3R
ベランザの変則的なタイミングからの攻勢が多少強まったか?
バナルが防御一辺倒になるシーンも見受けられる。
こうやってみるとバナルも攻防完全分離型なのかな?
4R
展開としてはバナルが足を使い、
ベランザが追いかける展開に終始。
5R
バナルの攻勢が強くなってきた。
ボディを中心にいいパンチが何発もベランザにヒット。
6R
ベランザの攻勢が効果的だ
7R
なんだろう。上手いとは思うがバナルはバズーカって
言う程の圧倒的な攻撃力は感じられないなー
8Rベランザはずっと打たれてきた影響か
少しボディが効いている様な気もするが
前に出るのを止めない。
ただ空転している分ポイントはバナルが取ってるのかな?
9R
ベランザがバッティングでカット
バナルが減点をされる
10R
バナルは倒すの諦めたのか完全に流す形。
ただ、何度も上から押さえられる形で
潰れるのはいかにも印象がよくなかった。
んー、やっぱスタミナないのかな?

さあ、判定。
92−99
91−98

結構な大差がついてバナルが勝利

AJ・バナル(3-0)ホセ・ベランザ

さあ、メインイベント
ビロリア登場です!

IBFライトフライ級タイトルマッチ
ブライアン・ビロリア×ヘスス・イリベ

ビロリアの入場!
ってここでまずちょっと引いたw
(画像参照)

入場.JPG

まあ、何はともあれ試合開始。
1R
ビロリアが積極的に攻めていく。
体格では挑戦者が大きく距離も長いように見えるが
どんどん距離を潰していくので全然関係ないように見える。
序盤からビロリアのいい右を挑戦者がもらうシーンも見られた。
2R
ビロリアの攻勢が目に付く。
ビロリアは自分の攻撃力に相当自信があるんでしょう。
3R
んー、挑戦者の動きも悪くないなー
相打ちでビロリアに打ち勝つシーンもあったしね
4R
ビロリアがまた攻勢を強めた。
右アッパーが凄く威力ありそうだ
5R
ビロリアいい攻撃が目立つ
6R
ビロリア決めにきてるのか?
ビロリアの連打で挑戦者防戦一方のシーンも見られた
7R
挑戦者ビロリアに攻め立てられて苦しいシーンが続く
ただ、それでも強気なパフォーマンスを見せるのはなかなかの根性w
8R
このラウンドはビロリアが少し大人しい。
休んでるのかな?
9R
このラウンドはビロリア強引な力攻めではなく
結構冷静に開いてるところを狙ってたように見えた。
10R
このラウンドは挑戦者効いたかなってシーンがあったが
挑戦者手を出してダウンは拒否。
ただ、ペースはビロリアが掌握してたかな?
11R
このラウンドはどっちも見せ場作った感じかな?
12R
なんだかんだで最終ラウンド。
このまま判定まで行きそうな雰囲気だ。
挑戦者がラウンド開始と同時に攻勢を仕掛ける。
ただビロリアも負けてはいない。
ショートレンジでの打ち合いに付き合いながらも
少し距離があけば強烈な右でお返しをしてく。
どっちもいいパンチを何発もあてて
最後はド突き合いでの我慢比べの様相を帯びた中で
試合終了。

いや、いい試合だったと思う。
挑戦者の頑張りが目立ったと思う。

判定を待つ間に両者が券等を称えあうシーンが印象的だ。
さあ、判定!
118−110
117−111
117−112
判定は大差のユナニマスでビロリア!
これでIBFタイトルの初防衛に成功!!

やっぱ結構強いなー
これは頑張ったiribeを褒めるべきだなw

判定後.JPG



その他結果のみ
8/29ドイツ
WBOクルーザー級タイトルマッチ
マルコ・フック(3-0)ビクター・ラミレス
   (フックは2度目の挑戦で新王者に)


8/29アメリカ
WBCカリブSウェルター級タイトル決定戦
ヘクター・カマチョJr(3-0)イスラエル・カルドナ
 ユナニマスですが1〜3ポイント差とカマチョは
 結構苦労したみたいです。



posted by 放浪者 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。