2009年12月20日

試合結果速報! 週末世界戦1

試合結果の速報をあげてきますね


12/19アメリカ
WBC・WBOミドル級タイトルマッチ
ケリー・パブリック
 VS
ミゲール・エスピノ

PE.jpg


3Rまではエスピノも積極的に手を出していくし
それなりいいパンチも入れていたものの
4Rに状況一変。
パブリックの攻撃でエスピノが2度のダウン。
特に右アッパーを貰って倒れたシーンなんて
ワンテンポおいてへたり込むようなダウンで
もうここで終わってもおかしくないと思うような
ダウンシーンだった。
とりあえずこのラウンドは生き残ったエスピノだったが
もう出来る事は少なかったのか
5R
前のラウンドのりプレイのようなダウンを喫する。
それでも健気に立ち上がるエスピノだったが
やはりダメージは明らか。
それでも試合再開されるものの
結局レフェリーが試合をストップ!


結果:パブリック5RTKO勝利


12/19メキシコ
WBA暫定バンタム級タイトルマッチ
ネオマール・セルメニョ
 VS
アレハンドロ・バルデス

CB.jpg


長谷川にはあっさり倒されたものの
モンティエルに倒しあいの末実質負傷TKO
(WBOの不可解裁定で謎の引き分け)
ときて3度目の世界王者との対戦になったバルデス。
まあ、挑戦自体は2度目になるわけだがw
んで試合結果
1Rにバルデスが右目上をカット。
これはバッティングによるもの。
2Rにはバルデスが2度のダウンを喫する。
これはともにフラッシュダウンらしい・・・
その後は11Rに肘うちでセルメニョが減点される等が
あったものの技術の違いなのか
セルメニョの上手さの前にバルデス沈黙…

結局セルメニョがKOでバルデスを下しています。

結果:セルメニョ11RKO

セルメニョはメキシカン3たてで
メキシコでの無駄な知名度ばっかあがってるなw


ウンベルト・ソト
 VS
ヘスス・チャベス

元メキシカンの世界王者2人対戦。
ソトは未だに世界トップなんだけど
この試合に関してはライト級への転向第一戦だったのですが
試合自体はワンサイドの模様。
チャベスは1Rにダウンを喫するほか
5,6Rに減点を貰ってしまう失態。

結果:ソト3-0判定勝利
  (3者が100-87の完勝)



12/19ベネズエラ
WBCライト級タイトルマッチ
エドウィン・バレロ
 VS
ヘクター・ベラスケス

VB.jpg

バレロが6RTKO勝利

次の試合はアントニオ・デマルコと2月に対戦との事


posted by 放浪者 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。