2010年04月20日

とってもショッキングな出来事

昨日に引き続いて大変ショッキングなお知らせです。

奥さんを殺害した罪で逮捕されてしまって
キャリアの危機に立っていたと思われていた
エドウィン・バレロですが・・・

バレロ.jpg
収監されていた刑務所で早朝に亡くなっているるのを
確認されたそうです。
どうも衣服で首を吊っていたって事なのかな?
(現状自殺って断言できませんが・・・)


いずれにしてもボクシングキャリアで大きな岐路に
立っていたと思われていたバレロですが
まさか人生まで終わってしまうとは・・・
もちろんやった事に関しては決して許されざるべき事だし
同情の余地もありませんが
リング上であれほど勇猛果敢だった男の
あまりにも突然すぎる死に驚きを隠せません。

なんにせよ
奥さん共々ご冥福をお祈りします。

エドウィン・バレロが自殺?



バレロの全キャリア

2002年7月
1RTKOで鮮烈にデビュー

連続1RKOを続けて注目を浴びる

2004年
NYコミッションのMRI検査で引っかかり
アメリカでの試合を行えなくなりブランクを作る

日本の帝拳プロモーションの契約の元
アメリカ以外に活躍の場を移す

2005年9月
横浜アリーナの坂東ヒーロー戦で日本初お目見え
1RTKOで16連続初回KOへ記録を伸ばす
※この試合はバレロ初回KOならバレロにボーナス
 初回KO以外なら坂東にボーナスの変則ボーナス有りの試合


2006年2月
WBA・Sフェザー級挑戦者決定戦
ワイベル・ガルシアに初回TKO勝利
(連続初回KO記録を18に伸ばす)
※ガルシアはその後2度世界挑戦してる選手

2006年2月
神戸の試合で連続初回KO記録が19で止まる


2006年8月
敵地パナマでWBA・Sフェザー級タイトルに挑戦
ビセンテ・モスケラにダウン応酬の末10RTKO
世界タイトル初戴冠

Sフェザー級タイトル4度防衛(KO防衛4)
V1 ミッチェル・ロサダ(有明)
V2 本望信人(有明)
V3 サイド・サバレタ(メキシコ)
V4 嶋田雄大(日本武道館)

この間に家族で来日し拠点を日本へ

NY以外のコミッションで試合が認可され
アメリカでの試合が可能になる

2009年4月
WBCライト級タイトル決定戦
アントニオ・ピタルアに2RTKO勝利
25連続KOで2階級制覇達成

酔っ払った挙句のトラブルで暴力を古い逮捕される


2009年12月
エクトール・ベラスケスに6RTKOでライト級タイトル初防衛

2010年2月
WBCライト級タイトル統一戦
暫定王者アントニオ・デマルコに9R終了TKOでタイトル統一

直後に3階級制覇を目指しタイトル返上
※扱い的にはWBCライト級休養王者に


薬物やアルコールの中毒更正施設へ入所か?
との件が話題になる

2010年4月
妻を殺害した容疑で逮捕される。
連行翌日に首を吊っているのを発見され
死亡している事が確認される。


享年:28才
プロ戦績:27戦27勝27KO不敗
獲得タイトル:
 WBA・Sフェザー級タイトル
 WBCライト級タイトル



バレロの試合の動画をいくつか


坂東ヒーロー戦 

 本望信人戦ハイライト

アントニオ・ピタルア戦
 
 

 アントニオ・デマルコ戦




posted by 放浪者 at 07:00| Comment(4) | TrackBack(1) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただ、ただ残念と言うより他ありません…
Posted by yonezoh at 2010年04月20日 10:36
vs坂東、長身のメキシカン(名前失念 1RKOストップ試合)、本望、ロサダ、嶋田‥日本での数々の試合が思い出されます。
帝拳時代、wowowゲスト解説での穏やかな佇まい‥あの姿も間違いなく“彼”だったのでしょう‥‥。
‥無念です。悔しいです。
ご遺族の平穏と、二人(特に奥さん)のご冥福をお祈り申し上げます。
Posted by TV観ファン(元 一ファン) at 2010年04月20日 20:02
昨日の逮捕の速報時点では、ただただ驚きと残念の状しか浮かんできませんでしたが、
他のブログの事件前の奥さんへのドメスティックバイオレンス疑惑の時のコメントにありましたが、元統一ミドル級王者のカルロス・モンソンのような(モンソンは引退後だが、バレロはまだバリバリの現役だった)最後を本当に遂げてしまうとは・・・。
奥さんがDVを受けた後も『階段から落ちた時のキズだ』とかばって罪を免れ、現役を続けていたことになるだけに、余計に救いのないことです…。
2度とこのようなこととを見たくはないし、この偏見の目の強いボクシング業界だからこそ2度と有ってはならないとしか自分には言えません(残念ながらカルロス・モンソン事件以上のスキャンダルとなって、同様のことがおこってしまいましたが)。

ご遺族の平穏(特に2人の間のお子さん)と、この事件の当事者・特に被害者双方の冥福を心からお祈り申し上げます。
Posted by daininoshu at 2010年04月21日 10:25
>>TV観ファン(元 一ファン)さん
正直日本で馴染めていれば
今回見たいな結果は
もしかしたらなかったのかな?
って感じもするんですが
実際はどうなんでしょうね

>>daininoshuさん
カルロス・モンソンって殺人で服役して
仮釈放中の交通事故死でしたっけ?
いずれにしても現役で
殺人、自殺ですからインパクトは
非常に強いですよね

なんにせよ残念です
Posted by 管理人 at 2010年04月22日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

WBCライト級王者が拘置施設で自殺
Excerpt: かつては日本でもファイトした経験もあったり、 帝拳プロモーションと契約していた時期なんかは何気に日本のボクシングファンにも知名度の高い選手であったような記憶がある。 その実力は折り紙つきで、 マ..
Weblog: 事業者ローンの返済も終わってのんびりニュースを拝聴
Tracked: 2010-04-20 09:11
人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。