2010年05月10日

週末試合結果色々 &内藤戦動画

週末には国内外で色々試合がありました。内藤、マルガリート、ソリス、ウィリアムズ、名城等

そんな週末の試合結果をピックアップ
5/8大阪
WBA・Sフライ級タイトルマッチ
名城信男
 ×
ウーゴ・カサレス

前回ドローに終わった対戦のダイレクトリマッチ

名城カサレス2.jpg

結果:カサレス3-0判定で二階級制覇達成!
   (名城はV3ならず)


ヘビー級
オケロ・ピーター
 ×
Lawrence Tauasa

結果:オケロ6RTKO勝利!



5/9後楽園ホール
Sフライ級10回戦
内藤大助
 ×
リエンペッ・ソー・ウィラポン

結果:内藤5RTKO勝利で再起成功!


※詳細は前の記事にレポしてます。



5/9大阪
OPBFミニマム級王座決定戦
マイケル・ランデロ
 ×
堀川謙一

結果:ランデロ9RTKO勝利でタイトル獲得!



5/8メキシコ
WBA暫定Sフェザー級タイトルマッチ
ホルヘ・ソリス
 ×
マリオ・サンティアゴ

ソリスは暫定王座獲得後初防衛戦
サンティアゴは2度目の世界挑戦

ソリス.jpg

結果:ソリスが大差3-0判定勝利
   最大で11P差がつく大差判定だったようです


WBAライト級挑戦者決定戦
レネ・ゴンザレス
 ×
ウルバノ・アンチロン

レネは世界初挑戦を目指しての挑戦者決定戦出場。
ウルバノはこれに勝って2度目の挑戦をおこないたいところ

ウルバノ.jpg

結果:ウルバノ・アンチロン大差3-0判定勝利!
   (レネは1Rと7Rに一度ずつダウン)



アントニオ・マルガリート
 ×
ロベルト・ガルシア

マルガリートはモズリー戦でのサスペンドからの復帰戦。
ガルシアは今のところ中堅の選手、この試合に勝って
名前を売っておきたいところ

丸刈りと.jpg

結果:9〜12P差の大差判定でマルガリート3-0判定勝利!
   (ガルシアは1Rにダウン、8と10Rに減点)




5/8アメリカ
Sウェルター級12回戦
ポール・ウィリアムズ
 ×
カーミット・シントロン


ウィリアムズは何故世界戦を
しないのか不思議な二階級制覇王者。
シントロンはここまで負けたのはマルガリートのみ
と言う強打の元世界王者。

結果:4R負傷判定でウィリアムズの勝利

判定そのものは2-1で両極端な感じ
最後まで行かずに中途半端で終わったのが残念。
まあ、シントロン陣営は負傷判定になったこと自体が
納得いかなかったようです。

最後の流れはこんな感じ

PS1.jpg
PS2.jpgPS3.jpgPS4.jpgPS5.jpg


5/7アメリカ
USBAライトヘビー級タイトル決定戦
バイロン・ミッチェル
 ×
オーチス・グリフィン

ミッチェルは大物との対戦経験もある元世界王者
グリフィンはランカークラスには勝ててない中堅選手

結果:番狂わせでグリフィン8RTKO勝利


ヘビー級8回戦
マイケル・グラント
 ×
Kevin Burnett


グラントは若い頃には王者候補とも言われていた元世界挑戦者
バーネットは世界にhまだまだ世界には程遠いローカル選手

結果:グラント1RTKO勝利!


5/7アメリカ
NABA・Sライト級タイトルマッチ
ジェーソン・ピレス
 ×
マイケル・クラーク


ピレスは元々Sフライ級辺りでも戦っていた選手で
負けた相手は全員世界戦経験者クラス
クラークは世界挑戦経験もあるベテラン選手。

結果:3-0の判定でクラークの勝利


posted by 放浪者 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。