2010年07月21日

速報レポ 日本&東洋Sライト級タイトルマッチ

後楽園ホールに亀海&佐々木の試合を見に行ってまいりました。なもんで試合のレポなどを
写真入りで・・・

0720-0088.jpg

ちなみに試合の帰りにWBC・Sバンタム級王者の西岡利晃選手と遭遇
写真&握手に気軽に応じてくれて嬉しかったです。
次回の防衛戦も是非見に行きたいと思いました。
日本Sライト級タイトルマッチ
亀海善寛
 ×
塩谷智行

序盤から亀海が力の差を見せつけたような試合でした。
塩谷も決定的一打はもらわないように
ガードはしっかりしていたのですが
ボディを中心にした攻勢で
ガードお構いなしに叩き続け
最後は手がでなくなった塩谷をレフェリーが
救ったような一戦

結果:亀海4RTKOで初防衛成功!

0720-0071.jpg0720-0073.jpg0720-0074.jpg0720-0076.jpg0720-0080.jpg0720-0085.jpg0720-0087.jpg

亀海の強さが際立ちました。


OPBF・Sライト級タイトルマッチ
ランディ・スイコ
 ×
佐々木基樹


0720-0035.jpg

試合前から険しい表情の佐々木

0720-0038.jpg0720-0045.jpg0720-0046.jpg

こんな感じで詰められるシーンが非常に多かったです

0720-0049.jpg

折を見てしっかりとお返しもしてました!

0720-0053.jpg0720-0054.jpg

終盤は佐々木の攻勢も目立ちました


0720-0057.jpg
0720-0056.jpg

試合終了
この段階で両者ヘロヘロでした

0720-0061.jpg

見ての通り佐々木の顔には激戦の跡がありありと


試合の方は1Rからプレッシャーを掛けてくるスイコに対して
佐々木は守りながらの戦いを選択

しょっちゅうコーナーに詰められて見栄えは
よろしくないがガードとボディワークを駆使して
スイコの消耗を誘う戦い方

折に触れてしっかりとお返しもしてるので
見方は結構分かれてたと思ったが
4R終了時に1-1のイーブンだったのが
8R終了時には最大3ポイント差で0-2のビハインド

ただ、ここからが面白かった
9Rこそ序盤と同じような展開だったものの

10R終盤に佐々木の起死回生の左!
そこからの攻勢で一気にダウンを奪う
が、このラウンド仕留めきる事ができず・・・

11R序盤はダメージの見えるスイコに佐々木が詰めるが
そこで決められないと疲れの見える佐々木にスイコがお返し
佐々木もただではやらせない
このラウンドも終盤に見せ場を作るとスイコあわやダウンか
って位のダメージを与える事に成功!

最終ラウンドも
佐々木、スイコ両者死力を尽くしての攻防
最後の最後まで佐々木が勝利を諦めなかったのが
目に付いたが結局試合は判定に!

まずジャッジ1者がスイコ
続いてもう一人が佐々木!
最後の一人の採点で全てが決まる

・・・勝者青コーナー佐々木!

佐々木が難敵スイコに辛うじて逆転での勝利を飾った一戦でした

ちなみに試合後のインタビューでは
逆転のダウンを奪ったのは作戦通り
・・・本当はそこで仕留める予定だったんですけど
見たいな事を言っておちゃらけてた面もありましたが

世界をとるために復帰してるので
これでは駄目、反省なんて事も言っておりました。


石本康隆
 ×
小泉雄大

0720-0027.jpg0720-0028.jpg0720-0029.jpg

両者ショートレンジでパンチを応酬して意地を見せていましたが
どちらも決定的シーンはあまり作れませんでした。

ちなみにこの試合
佐々木の応援に来てたおっさんが
(佐々木の試合で叫びまくってたので多分ですけど・・・)
眠たい試合やってんなとか腐った野次飛ばしてたので
場外が残念でした。

ああいった連中は出禁にすればいいのに( ゚д゚)、ペッ

結果:岩本3-0判定勝利!

ちなみに岩本選手試合後はものすごい腫れあがった顔しながら
最後の亀海戦まで観戦してってましたw


外園隼人
 ×
朴賛熙

一回りからだが大きい外園が
リーチを上手く生かしながら戦ってました。

最後はラッシュをかけたところでレフェリーが試合を止めています


外園4RTKO勝利!

0720-0019.jpg0720-0022.jpg0720-0024.jpg



カルロス・リナレス
 ×
呉必勝

リナレス兄弟の三男カルロスの試合
相手は一度KO負けを喫している韓国の呉

試合は序盤カルロスは相当慎重になって
戦っていました。
やはりその辺はKO負けしてることが大きかったんでしょうね

パンチを当てる上手さではカルロスが一枚上手だったんでしょうが
呉の攻勢が強くてちょっとまずいかなって雰囲気の序盤戦。

3Rからカルロスは兄ホルヘの叱咤が効いたのか
ボディを中心に攻勢をかけていくと呉は失速

5R呉のパンチをもらったりしてやばいか?
と思わせるシーンもあったんですが
そこからカロロスが一気のラッシュで試合を決めました。

結果:カルロス・リナレス5RTKO勝利!


0720-0008.jpg

呉の攻勢の序盤戦

0720-0013.jpg
ホルヘが心配して叱咤するシーンも

0720-0015.jpg

このボディが活きました!

0720-0018.jpg

試合後のホルヘが凄く嬉しそうでした


87Kg契約
三浦広光 ×
白坂貴昌

元総合の選手でアメリカでデビューした三浦選手の
日本でビュー試合。

最初に見た印象なんですがごっついなーって感じでした。
総合の選手の印象が強いのでちょっと注目してたんですが
思った以上にボクシングに馴染めてるようでした。

で、試合は1R序盤からプレッシャーを掛け続けてた
三浦選手の強打が炸裂し
2Rに2度のダウンを奪い
三浦選手のKO勝利!

結果:三浦2RKO勝利!

惜しむらくこの階級だと日本では
なかなか相手がいないと思うので
もしかしたら、またアメリカでやった方が
いいかもしれないですね

0720-0002.jpg0720-0005.jpg


posted by 放浪者 at 01:12| Comment(4) | TrackBack(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も見に行きましたが、どの試合も白熱して面白かったです^^
またお邪魔させてください^^
Posted by ジョンそん at 2010年07月21日 16:14
>>ジョンそんさん
こんtにちわ、初めましてですかね?
気軽にいらしてくれると嬉しいです
Posted by 管理人 at 2010年07月21日 20:15
はじめまして(`・ω・´)
佐々木氏の応援で僕も見に行きましたが酔っ払いの野次には終始ムカついてました
同類じゃなきゃいいんですが・・・

その人階段で血流して倒れてました
最後まで迷惑!
Posted by chara at 2010年07月22日 04:47
>>charaさん
はじめまして!

自分では佐々木ファンの方に含むところは
全然ないです。
あの迷惑なおっさんが
基樹〜、基樹〜ってやたら叫んでたので
佐々木ファンと思われるって書いてしまいました。

ああいった野次にイラッとするのは
みんな同じですよね

と言うか・・・
階段で血を流してたって・・・一体何が?
Posted by 管理人 at 2010年07月22日 14:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。